GoProやめた(´ω`) 【ビデオカメラやアクションカムの代わりにミラーレス!】

GoPro HERO4を買おうとして、ミラーレス一眼LUMIX DMC-G6を買った管理人が考える、アクションカメラ以外の選択肢

*

タイムラプス撮影で早送り動画を作成♪

      2015/01/24

タイムラプス撮影(インターバル撮影とも呼びます)とは、複数枚撮影した写真をつなぎ合わせて1つの動画にするという、現代版パラパラ漫画とも言えるようなテクニックです。

動画にするとき、一般的には1秒間に30枚以上表示(30fps)にするとスムーズな映像に見えるのですが、もし1秒間隔で30枚撮影したとすると、その30秒分の写真が1秒の映像になる=30倍速の早送りムービーが作れるということです。

言葉だと分かりにくいので、動画で。
これは、羽田空港で1秒間隔で約2000枚を撮影した時のものです。
それを1分弱にまとめたので、35枚/秒ぐらいですね。


飛行機の動きはもちろんですが、冬の午後で日が落ちて影が長くなる様子や、雲の流れなんかも分かりやすくて面白いですね♪

もう1本、これは自宅のベランダから星空を撮影したものです。
G6が届いた日にお試しで撮ったモノなので非常に雑ですが(汗)、こんなのも撮れるということで。
30秒間隔で200枚撮影するように設定したので、約1時間半が7秒、てことは770倍速!?

このように、撮影間隔を長くしたものをつなぎ合わせると、とてつもない早送り動画を作れます。
子供の頃、理科の授業で見たような植物が生長していく写真や、日の出~日没の様子などは、このような手法で撮影することができます。

さて、インターバル撮影を行うと、カメラの中には動画としてではなく、あくまで写真として保存されます。

LUMIX G6の場合、これをカメラの中で組み合わせて動画にする機能があるので、簡単に動画を作ることができます。
ただし、この場合はフルHD(1920×1080px)、30fpsの動画としてしか保存できません。

一方、パソコンを使って動画編集ソフトで組み合わせると、元の写真のサイズをそのまま活かして動画にすることができます。
LUMIX G6の記録画素数は4608×3506pxなので、これをそのまま使うと4K画質すら超える超高画質ということに(笑)

さすがにそこまでの動画は不要だと思いますが、パソコンを使うことでより高画質な映像を作れる、ということは覚えておいて損じゃないですよ。

  関連記事

関連記事はありませんでした

 - タイムラプス , , , , , , ,

PC用

PC用

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>