GoProやめた(´ω`) 【ビデオカメラやアクションカムの代わりにミラーレス!】

GoPro HERO4を買おうとして、ミラーレス一眼LUMIX DMC-G6を買った管理人が考える、アクションカメラ以外の選択肢

*

ミラーレス嫌いがLUMIX DMC-G6を選んだ理由

      2015/01/24

ミラーレス否定派だったのにあっさり購入

自分はこの記事を書く5日前まで、ミラーレス否定派だったんですよ(笑)LR4-2635

なのになぜ突然、LUMIX DMC-G6を買ったかというと…。

「GoPro HERO4より高画質&お得な車載カメラが欲しい!」

これに尽きます。

画質に不満が残るアクションカメラ

僕はドライブが大好きで、クルマにはドライブレコーダー(ドラレコ)を付けてますし、もっと高画質な車載動画を撮りたい時はSONYの初代アクションカム、HDR-AS15を使ってました。

たしかにドラレコよりは綺麗なので、車載動画にアクションカムを使う方は多いですが、僕としては後で見たくなるような動画にはならないんですよね…。

無理もありません。
アクションカムは身につけても邪魔にならないコンパクトサイズと、防水・耐衝撃性能がウリです。
そして、ドラレコは事故時の証拠を残すことが目的です。
つまり、画質は二の次なんです。

一方で、車載カメラとして使う前提であれば、重すぎなければ大きさの制約はないですし、もちろん防水性能なんて不要です。
そんなことよりも、画質が上がるならそっちの方がよっぽど大事。

GoPro HERO4 ブラックエディション登場

そんな中、アクションカムの王様、GoPro HERO4 Black Editionが登場しました。
CHDHY-401-JP_01

映像も見ましたが、なかなかすごい…ですが、あまりに高すぎる!(定価59,000円)
いくら高画質とはいえ、一眼が買える値段というのはやりすぎです^^;

もっと良い方法は…??

そこで、他に方法が無いかを考えてみました。

まずはビデオカメラを考えましたが、5万円ぐらいで買えるものはアクションカムと同等のセンサーしか搭載しておらず、画質面のアドバンテージがなさそうなので×。
hdr-pj800_black

続いて、デジカメの動画モードもすぐに思い付き、SONYのミラーレス一眼、NEXシリーズが動画撮影目的で人気であることも知りましたが、20~30分の連続撮影で熱の影響により停止してしまうということが分かりました。
NEX-5TL_S

ドライブの映像を撮る以上、たった30分ではまったくお話になりません。

動画に強いLUMIX

そんな中、パナソニックのLUMIXシリーズは動画を重視しているということを知りました。
最高峰のDMC-GH4、たしかに素晴らしい性能ですが手の出る価格ではなく(実勢価格130,000円)、またサイズに制約が無いとは言え、あそこまで大柄だと車内での固定が困難です。
head

結局ダメか…と思ったところで見つけたのが、このG6。

head (1)

  • 実勢価格は5万円前後=GoPro HERO4より安い
  • マイクロフォーサーズの4/3型センサー=当然GoPro4と比較しても高画質
  • 動画の連続撮影時間の制約もない!(バッテリーとメモリーカード次第)

この3点を全て満たしている上に、最高峰のGH4ほどではないにせよ、それでも他のミラーレス機と比較してもハイレベルです。

普通のデジカメとしても使えます

そもそもG6はミラーレス一眼ですので、当たり前ですが写真撮影にも使えます(笑)

本気撮影にはCanonのEOS7D、お手軽撮影にはSONYのDSC-RX100を使っていましたが、G6を車載動画用のカメラとして車に積んでおけば、カメラを持って下りれば写真撮影にも使えちゃうわけです。
こうすれば、荷物が増えることもなく、RX100よりもさらに高画質なカメラを使って観光できるということです♪2

アクションカムと違って車外に設置したりはできませんし、120fpsのスローモーション撮影みたいなことはできませんが、車載カメラとしての総合力は確実に上です。

こんな完璧なお買い物はなかなかありません!(笑)
というわけで、2014年冬、自分へのクリスマスプレゼントとして、買ってしまったのでした…^^;

※各商品写真は、公式サイトより引用

  関連記事

G6-eyecatch
最強のビデオカメラは、ミラーレス一眼!?

ビデオカメラとして買ったミラーレス一眼 僕はLUMIX DMC-G6を、ビデオカ …

 - LUMIX DMC-G6を選ぶ理由 , , , , ,

PC用

PC用

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>